よくあるご病気について

大腸の病気

大腸ポリープについて

大腸にできる隆起性病変(いぼのようなもの)を一般に大腸ポリープといいます。

大腸ポリープとは

大腸にできる隆起性の病変(いぼのようなもの)を一般に大腸ポリープといいます。
いろいろな形があり、大きさも1mm程度から5cm以上までいろいろです。
炎症性のもの、過誤種腫性(大腸粘膜に迷入した細胞から発生する)、腫瘍性のものなどがあります。
それぞれ形だけでは判別は難しいのですが、大腸ポリープのうち8割以上は腫瘍性のものと考えられています。
腫瘍性のポリープはそのまま放置しておくと少しずつ大きくなり5年ぐらいでがん化するものもあるといわれています。

腫瘍性ポリープの発生原因

腫瘍性ポリープの発生原因として最近では遺伝子の異常が考えられています。
遺伝子の異常は先天的なものと後天的なものがあり、先天的なものは家族的に発生するタイプのもので血縁者に大腸ポリープや大腸がんが見られ、遺伝子の異常が遺伝した場合に発生します。
発がん物質や放射線によって遺伝子の異常が生じる場合もあります(後天的遺伝子異常)遺伝子の異常の程度によって発生するポリープの数、形、部位に違いがみられます。

一般にポリープが多発する場合には遺伝子の異常が高度であると考えてよいようです。
家族性大腸腺腫症という病気があります。これは大腸ポリープが家族的に多発し若年のうちに大腸がんが発生する明らかな遺伝子異常を伴った遺伝病です。

腫瘍性ポリープ以外のポリープはそのまま経過観察でも心配ありませんが、出血の原因になる場合には切除が必要になります。

大腸ポリープの症状

自覚症状はほとんどありません。
ある程度の大きさになると便が接触することにより少しずつ出血することがあります。
眼で見ても判らないような出血もあり、最近では便潜血検査といって便を科学的に検査して血液が混じっているかどうか調べることができます。

当院のデータでは便潜血が陽性の方の大腸を精密に検査すると、半分以上の方に大腸ポリープや大腸がんが見つかっています。

大腸ポリープの治療

ほとんどの大腸ポリープは大腸ファイバースコープという内視鏡を用いて切除することができます。
切除する時には痛みは全くありません。
ポリープの茎の部分に金属の輪をかけて高周波の電流を流して焼き切るのです。
専門医が治療を行うことで安全性は高まりますが、合併症として切除した部分から出血したり、穿孔といって腸に穴があくことがあります。これらは、緊急処置や手術が必要になることがあります。

合併症を予防するために、ポリープ切除後およそ10日程度は食べ物の量を減らし、アルコールや刺激の強い食品は避ける必要があります。
大腸ポリープの内視鏡治療は専門的技術と知識が必要ですので必ず専門医に相談することをお薦めします。

大腸ポリープと大腸がん

早期大腸がんは大腸ポリープと同じような形をしています。
専門医が注意深く観察すれば判別可能な場合が多いです。
しかし、内視鏡で切除して顕微鏡検査ではじめて判ることもあります。
早期大腸がんの大部分は内視鏡で切除するだけで完治します。

大腸ポリープを何年も放置しておくと少しずつ大きくなりがん化することがあります。
1cm以上の大きさの腫瘍性ポリープのおよそ半分はがん化しているといわれています。
腫瘍性大腸ポリープは発がん物質の影響でがん化しやすいと考えられています。

大腸ポリープの早期発見方法

前に述べましたが大腸ポリープは自覚症状はほとんどありません。
便潜血検査で陽性になった場合には必ず大腸の精密検査を受けるようにして下さい。
大腸の精密検査には内視鏡検査とレントゲン検査があります。
大腸ポリープを早期に発見するためには内視鏡検査の方が確かなようです。
レントゲン検査では小さなポリープや平坦型のポリープはなかなか発見できません。
便潜血が陰性でも内視鏡検査でポリープや早期がんが発見されることもあります。
およそ2年毎に大腸内視鏡検査を受けるようにすることにより早期発見ができると考えられます。

大腸がんについて

大腸がんは、大腸粘膜の細胞から発生し、腺腫という良性腫瘍の一部ががん化して発生したものと正常粘膜から直接発生するものがあります。大腸がんは、粘膜から発生し次第に深く浸潤していき、進行するにつれてリンパ節や肝臓や肺など別の臓器に転移します。

ステージ分類

0期がんが大腸の粘膜にとどまる
Ⅰ期がんが大腸壁の筋層にまでにとどまる
Ⅱ期がんが大腸壁の筋層をこえて浸潤しているがリンパ節転移なし
Ⅲ期がんがリンパ節に転移している
Ⅳ期がんが肝臓、肺、腹膜などに遠隔転移している

診断

大腸がんの発見には、便に血液が混じっているかどうかを検査する便潜血検査の有効性が確立しており、便潜血反応が陽性であれば精密検査を行うことで、症状が出る前に早期発見が可能です。早期に発見できれば完全に治る可能性が高くなります。

特に大腸内視鏡検査は、小さい病変であっても診断が可能でありがんの早期発見にはかかせない検査です。また病変によっては同時に治療することも可能です。

大腸がんは比較的ゆっくり進行すると言われていますので、定期的な検査を行うことは早期発見につながります。

治療

1. 内視鏡治療

内視鏡治療とは、内視鏡を使ってがんを切除する方法です。大腸の粘膜には知覚神経がありませんので、通常は痛みを感じることはありません。病変の状態により内視鏡的ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)と内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が行われます。

大腸がんの内視鏡治療の適応は、基本的に粘膜内に癌がとどまっているものです。粘膜下層という粘膜内よりやや深く浸潤している癌の一部も内視鏡治療が可能な場合もあります。

2. 手術(外科治療)

内視鏡で切除できない進行した大腸がんの治療は、手術による切除が基本です。がんのある腸管とリンパ節を切除します。がんが周囲の臓器に及んでいる場合には、それらの臓器も一緒に切除します。

少し進行して、肝臓や肺などへの転移が認められても、手術が可能な病状であれば手術により根治できる場合があります。手術後に再発しても早い時期に見つかれば、切除により根治が期待できる場合があります。

最近では腹腔鏡手術が普及しており、小さい傷で手術が可能な場合があります。この手術方法が可能かどうかについては、がんの進行の程度によって異なりますので病状に応じご説明いたします。

3. 化学療法

大腸がんの抗がん剤治療は、手術後のがん再発を予防するための補助治療と、根治目的の手術が困難な進行がんまたは再発がんに対して行われます。

4. 放射線療法

切除が難しい骨盤内のがんによる痛みや出血などの症状緩和、骨転移による痛みや、脳転移による神経症状などを改善する目的と、直腸がんでは、手術前後の補助治療として行うことがあります。

大腸憩室症

大腸には部分的に壁が弱いところがあり、外側に袋状のふくらみができます。
内視鏡で観察すると、まるで蜂の巣のような窪みが見えます。これを憩室と言います。

大腸憩室症は悪い病気ではありませんが、時に炎症や出血を起こします。
症状がなければ基本的には治療は必要ありません。
食生活の欧米化や便秘が原因ともいわれていますので、日ごろから食物繊維の多い食事を心がけたり、排便コントロールを行うことも大切です。

大腸憩室炎

憩室の中に便がつまり、細菌が増殖すると炎症が起こります。
腹痛がみられ、特に炎症を起こした部分に近いおなかを圧すと強い痛みを感じます。
そのままにしておくと症状がどんどん増悪します。
必ず専門医に診てもらって下さい。
ほとんどは抗生物質の点滴で治まりますが、ひどくなると憩室に穴があき、緊急手術が必要になることもあります。

憩室出血

憩室に何らかの衝撃が加わる(例えば強い腹痛を伴う下痢など)と出血が起きることがあります。
比較的多量の出血がみられ、凝血(血液のかたまり)が下痢状に排出されます。
その場合は専門医を受診して下さい。
点滴と絶食で改善することが多いですが、時には内視鏡を用いて止血術を行うこともあります。

虚血性腸炎

突然の腹痛、下痢の後に出血し発症します。
腸管の血流障害や便秘、浣腸などによる腸管内圧の上昇が原因といわれています。
高齢、糖尿病、高脂血症などの基礎疾患を持ち、動脈硬化が強い方に発症しやすいです。
下行結腸~S状結腸に好発します。
良性の疾患ですが症状が強い場合は入院し絶食、点滴による治療が必要です。

よくあるご病気について

アクセス

アクセス

〒194-0022
東京都町田市森野1-25-4
交通アクセス

  • 小田急線町田駅西口より徒歩 3分
  • JR線町田駅より徒歩 8分

診療のご案内

胃内視鏡、大腸内視鏡をご希望の方へ
痔の手術について
院長からのご挨拶